【今日は土用の丑の日】
日本では昔から、夏土用の期間は夏バテしやすいこともあり、
「丑の日」に身体に良い「う」のつく食べ物(梅干し・瓜・うどんなど)を食べる
「食い養生」の風習がありました
これにうなぎが加わった由来の一つが蘭学者の平賀源内の宣伝文句由来説です。
江戸時代、平賀源内の提案で、
夏に売上げが少なかったうなぎ屋さんに「本日 土用丑の日」という看板を出させたところ大繁盛に。
その後、他のうなぎ屋も真似するようになったことで習慣が定着したということです
また、鰻以外に食べるとよいものの1つに「土用餅」があります。
関西や北陸地方で今も残っている風習のひとつ。
土用餅を食べると暑さに負けず無病息災で過ごせるといわれています🤗
鰻の漁獲量は減少してきています。
鰻は食文化のひとつ。
限りある資源を次世代へ継承することを改めて考えてみるのもいいかもしれません。
土用の丑の日をテーマに、「日本の風習」「食」「資源」など、夏休みの自由研究ができそうですね

わらべうたベビーマッサージ研究会は、
子どもたちの健やかな成長と、
子育て中のパパママ・子育て卒業世代・シニア世代の皆様を応援しています
皆様、暑さとコロナに負けず、元気にこの夏をお過ごし下さい

記:村松晶子(脳活わらべうたティーチャー)

#わらべうたベビーマッサージ #わらべうたベビーマッサージ 研究会 #わらべうたキッズマッサージ #わらべうた産後ダンス #エイジングわらべうた #脳活わらべうた #土用の丑の日 #夏休み自由研究

【今日は土用の丑の日】日本では昔から、夏土用の期間は夏バテしやすいこともあり、「丑の日」に身体に良い「う」のつく食べ物(梅干し・瓜・うどんなど)を食べる「食い養生」の風習がありました これにうなぎが加わった由来の一つが蘭学者の平賀源内の宣伝文句由来説です。江戸時代、平賀源内の提案で、夏に売上げが少なかったうなぎ屋さんに「本日 土用丑の日」という看板を出させたところ大繁盛に。その後、他のうなぎ屋も真似するようになったことで習慣が定着したということですまた、鰻以外に食べるとよいものの1つに「土用餅」があります。関西や北陸地方で今も残っている風習のひとつ。土用餅を食べると暑さに負けず無病息災で過ごせるといわれています🤗鰻の漁獲量は減少してきています。鰻は食文化のひとつ。限りある資源を次世代へ継承することを改めて考えてみるのもいいかもしれません。土用の丑の日をテーマに、「日本の風習」「食」「資源」など、夏休みの自由研究ができそうですねわらべうたベビーマッサージ研究会は、子どもたちの健やかな成長と、子育て中のパパママ・子育て卒業世代・シニア世代の皆様を応援しています皆様、暑さとコロナに負けず、元気にこの夏をお過ごし下さい記:村松晶子(脳活わらべうたティーチャー)#わらべうたベビーマッサージ #わらべうたベビーマッサージ 研究会 #わらべうたキッズマッサージ #わらべうた産後ダンス #エイジングわらべうた #脳活わらべうた #土用の丑の日 #夏休み自由研究(Instagram)