胎教からベビー、キッズ、産後ダンス、脳活まで、同じわらべうたを使う切れ目のない子育てを支援するツールです

第11回震災チャリティ開催

  • HOME »
  • 第11回震災チャリティ開催

第11回震災チャリティ開催(2022年3月1日から15日まで)

2011年3月11日に東日本大震災がおきました。2012年より被災地に行ってチャリティを始めたのがはじめてですが、それからも災害はいろんなところでおきました。そこで毎年チャリティ事業を開始して今年で11回目となります、今まで寄付した額は以下の通りです。皆様の貴重なご寄付に感謝申し上げます

2012年より¥2,050,033円を寄付しました(2021年10月現在)

 

コロナ禍による方法は

  • 少人数対面開催可能です、感染予防に注意してください
  • オンライン開催だけでも可能です。
  • 対面とオンライン両方の開催も可能です。
  • 開催の条件は1人でも可能です。認定者数名での開催も可能です。

本部のZOOMを利用したい人方は申し出ください。

3月1,2,7,8.10.11,15,日 空いております

午前10:00-12:00 と13:00-15:00までのどちらかをお選びください

支援金について

  • 大人の人数に合わせて本部が一人¥500円を寄付します。(講師・祖父母も一人と計算します。子供は計算しません・途中で帰られた方はカウントしません・途中で来られて方はカウントします)
  • 今年の支援金はありません。
  • オンライン参加者は寄付金を受け取ることが難しいので。善意のご寄付は受け取っても大丈夫です。
  • 対面は有料でお願いします。料金設定は自由です。これは実施者が会場費、人件費等経費として対応してください。残ればご寄付も歓迎します。
  • 親睦会で感謝状をお渡しします。

 

流れについて

  1. 2022年2月1日までに開催予定報告を掲示板へ投稿、またはLINE等トークで本部へご報告告知開始
  2. チラシ等作成(印刷に出す場合は白黒で合同出版より印刷してもらいますので原版を奥田まで送ってください)
  3. 告知について。開催者もですし本部の方もSNSやHPで開催を告知していきます
  4. 当日開催
  5. 終了後報告は写真を撮って掲示板またはLINEトークで本部にお知らせください(全員の写真が必要です、それにより人数を確認します。途中で帰られた人は対象外とします)
  6. 今年の寄付場所
    コロナ禍で大変な病院関係に寄付致します
    奈良県看護協会
    大阪助産師会よりすくすく赤ちゃん献金

今年で11回目です。コロナ禍でどんな形での寄付ができるか考えて今年もチャリティ事業ができる事に感謝です。こんな時代でもチャリティをしようとする団体であることに誇りをもっております。

参加される人も開催する人も皆さん笑顔になって喜んで戴ければと思います。

お問い合わせありがとうございます。 TEL 0743-85-4038 9:00~16:00

教室を探してみよう

自分でしてみよう

 

リンクフリーです。

https://www.jyosansi.com/

こちらをリンクお願いいたします

PAGETOP